ニュース

2018/09/18
初公開!「デジタルでみる横浜市電の写真マップ」お披露目イベント開催!!

「デジタルでみる横浜市電の写真マップ」お披露目イベント

 開催日時:2018年9月22日(土)11時〜16時(予定)

 会  場:本館歴史展示コーナー「シアター」

9月22日(土)、しでんの学校による「デジタルでみる横浜市電の写真マップ」のお披露目イベントを開催します。

「デジタルでみる横浜市電の写真マップ」は、しでんの学校が作成した横浜市電デジタルアーカイブで、主に1970年代に横浜市電を撮影した写真と同じ場所を撮影した現在の写真の約200枚を、パソコンを使用してご覧頂けます。

当日は、しでんの学校による説明や解説とともに「デジタルでみる横浜市電の写真マップ」を体験して頂けます。

また現在、館内「横浜市電発見マップ」では、横浜市電デジタルアーカイブより桜木町駅付近の写真を選定した市電今昔写真展「桜木町の今昔」を開催中ですので、どうぞあわせてお楽しみください。

20180918.jpg

写真は、現在開催中の市電今昔写真展「桜木町の今昔」


【しでんの学校について】

しでんの学校は、横浜市電の写真や思い出を記録に残す活動をしている市民団体です。市電の廃止から40年以上が経過し、市民が撮った写真も40年の歳月を経て劣化したり、捨てられたりしている現状にあります。デジタル化し、共有財産にしていきたいという思いから、首都大学東京渡邉英徳研究室のプロジェクト「とでんちゃん」に触発され、2013年8月から活動を行っています。

現在では「校外学習」シリーズとして、集めた写真の今昔比較を行ったり、市電沿線で現在もある商店街巡りをする街歩きを月1回程度開催しています。また、市電保存館のリニューアルに関する検討委員会としても参加しており、今回の企画展も市電保存館を盛り上げる企画の第一弾として位置づけています。

ウェブサイトでは集めた写真を公開しており、イベントのレポート等も随時発信しています。また、Facebookページでの発信も活発に行っています。

ホームページ:http://shidenchan-yokohama.com